好きで居ないと

好きで居ないと彼と私が付き合い始めてそろそろ2年目という頃でした。
彼を好きな気持ちは微塵も変わっていませんでしたし、これからも彼とは良い関係を育みあって行きたいとも思って居たのですが
少しずつ彼の良くないところも見え始める時期でもありました。
それはお互い様でしょうし、嫌だと思う部分・我慢できないと思う部分に関しては
キチンと伝えていって解決し合うことが大切だと思って居たのですが
何処かで彼に伝えられない自分も居ました。
彼もまた、私に違和感を抱いているんだろうな〜・・・と何となく察することが出来ていても
彼からストレートな言い方をする事もありませんでしたし
私の方から突っ込むこともありませんでした。
2人はこうして1番解決しなければならない事を無視した状態で交際を続けてきてしまったのです。
小さな違和感の中で私は
「彼のことをそれでも好きで居ないと」
と思うようになって居ました。
それが恋愛を頑張るという事に繋がるのだと思って居たのですが
そうでは無いんですよね。
「〜でないと」
と思った時点で私の思いや恋愛と言うものは終止符が打たれている状態なんですよね(苦笑)
その事に気がついた辺りから、彼のほうから何となく別れを示唆するような言葉を聞くようになり
私たちはお別れをすることになりました。